EDに影響する病気

EDには3つの種類があり、病気が関係する種類のEDもあります。病気によってEDになる場合、逆にEDによって他の病気が引き起こされることもあり、原因となる病気を治したり他の病気にならないようにEDを治さなければ、健康な生活は望めません。ここでは、EDが影響する病気についてお話しましょう。

 

病気によってEDが引き起こされるケース

 

EDになった原因が、病気による症状や治療薬の副作用という場合があります。例えば、高血圧による動脈硬化や糖尿病、メタボなどの生活習慣病は、EDを併発させることが多いといいます。

 

血流が悪くなると陰茎海綿体に十分な血液が流れないため、勃起しにくくなるのです。神経系の病気にも、EDを引き起こす要因が隠れています。

 

中高年になると生活習慣病などになるリスクが高いため、食事や生活習慣など日頃の生活の仕方を見直して改善していくことが、生活習慣病の予防や改善につながり、EDの予防や改善にもつながるでしょう。

 

EDによって起こる可能性のある病気

 

何らかの病気の治療薬が副作用をもたらして、EDを引き起こすこともあります。例えば、うつ病や睡眠障害などの治療薬を服用している人、高血圧の治療薬である降圧剤を服用している人などには、薬剤性EDがよく疑われます。

 

現代では、年齢を問わず大きなストレスを抱え続けて、うつ病や睡眠障害を患う人が増えています。さらには、EDに悩んでうつ病になってしまう人もいますから、慎重に対応して健康的な生活を取り戻すように心がけることをおすすめします。

 

うつ病や睡眠障害の原因は人によって異なりますが、不摂生な生活の仕方に心当たりがある場合はまず生活習慣の改善から始めてみてはいかがでしょうか。