EDには種類がある

一口にEDといっても、種類があるのをご存じでしょうか?EDの種類は、原因によって大きく3つに分けられています。
ここでは、EDの3つの種類について、お話しましょう。

 

血管や神経の障害が原因の器質性ED

 

器質性EDとは、血管や神経に何らかの問題があってEDを引き起こしているケースです。中高年のEDに多い種類で、加齢も関係しています。血管が老化してくると、動脈硬化が起こりやすくなります。

 

血管が拡張しにくくなる状態ですから、血流に支障が生じて勃起にも影響がおよぶというわけです。EDの人には、生活習慣病を併発している人が少なくありません。高血圧や糖尿病、メタボなど、血管に負担がかかる病気にならないように注意しておきましょう。

 

ストレスが原因の心因性ED

 

若い人にも多いのが、心因性EDです。ストレスやプレッシャーがのしかかって、正常な勃起を阻みます。人によって何にストレスやプレッシャーを感じるかは様々で、心因性EDには幅広い要因が関係しています。

 

夫婦で妊活に励むなど、女性側が積極的過ぎて男性がプレッシャーに感じてしまったり、出産をイメージしただけで勃起しなくなってしまう男性もいるようです。神経に負担がかかる問題ですから、気の持ちようだとストレスを跳ね除けようと無理するのもよくない場合があります。

 

治療薬が原因の薬剤性ED

 

薬剤性EDは、ED以外の病気のために使っている治療薬が原因でEDが引き起こされてしまうケースです。いわゆる薬の副作用で、代表的な例では降圧剤などが挙げられます。

 

また、近年では若い人にうつ病や睡眠障害が多く、治療のために抗うつ剤や睡眠薬を使用している場合も、薬剤性EDになる可能性があります。