個人輸入でのED治療薬は絶対安全?

ED治療薬は男性の多くが試していると思われがちですが、実際には医師から処方された経験がある人も個人輸入などで購入したことがある人も1割に満たない程度だといいます。

 

意外にも幅広い人には普及していなかったED治療薬ですが、やはり男性にとって興味のある薬であることには間違いないようです。ただ、個人輸入にはリスクが伴うともいいます。ここでは、ED治療薬の個人輸入の安全性について、お話しましょう。

 

ED治療薬の個人輸入とは

 

日本国内では、ドラッグストアなどに並ぶことのないED治療薬。子供でもバイアグラという名前を耳にしたことがある時代にもかかわらず、なぜ身近な場所で購入できないのでしょうか。

 

海外ではドラッグストアでもバイアグラなどを購入できる国があるのに対して、日本では医師による処方が主流。病院には行きにくいというような人が、個人輸入で海外のショップからED治療薬を購入しています。

 

個人で薬を服用する範囲でなら、厚生労働省は認可しています。海外からの送料や手数料がかかりますが、国内で医師に処方してもらっても安くはないED治療薬のこと。

 

プライバシーを優先して、個人輸入に踏み切る人もいるのです。海外で販売しているED治療薬も、本来は正規品のはず。信用できる筋から購入すれば、安全性にも問題ないはずです。

 

過半数が偽物?

 

ところが、ED治療薬を製造販売している大手メーカー数社が合同で調査した結果、一般に出回っているED治療薬と謳った製品の多くが偽物だったという事実が判明したといいます。

 

偽の薬を買わされる可能性があるだけでなく、注文後に支払いを済ませても商品を送ってこないなどのケースが個人輸入にはあります。そんなことから、ED治療薬の個人輸入は絶対に安全とは言い切れないのです。